10日(日)は、富田林喜志地区連合町総代会主催防災訓練からスタート。これまでも竹本代議士の代理として参加させていただいておりましたが、消防団、自主防災会はじめとする300名を超える方々の参加によって毎年行われている訓練です。
それから河南町総合防災訓練に参加。陸自、近畿地方整備局、大阪府、富田林警察、医師会、消防本部、消防団、自主防災組織、区長会、社協、ボランティア団体、その他企業や団体、多くの関係者の皆様の参加でこちらも大変意義のある防災訓練でした。
それからふれあいTAISHI参加のため太子和みの広場へ。子供・若者支援事業でもあるこのイベントは、太子町内外から各種団体・ボランティアの皆さんによるブース出展やステージ披露があり、晴天にも恵まれ大勢の来場者で賑わっていました。この日は、この3会場には竹本直一国務大臣ともご一緒させていただきました。
それから、狭山の健康まつり、ライオンズクラブによる献血啓発活動、はばたきフェスタ、富田林の金剛公民館まつりに参加させていただきました。富田林の公民館まつりは、東と中央でも行われていましたが時間が間に合わず。来年また楽しみにしております。
夜は国立救急部長の教授先生と、南河内の命を守る救急体制と災害拠点病院の整備の必要性などについて面談。

11日(月)は、府庁にて決算審査について健康医療部と福祉部と打ち合わせ。その後、事務所へ戻り、面談と富田林の行政相談に対応。
夜は後援会長と地区長と意見交換会。

おすすめの記事